フリースタイルスキーのジブトリックについて考える

アクセスカウンタ

zoom RSS ジブ用フリースタイルスキーの板のダリングについて

<<   作成日時 : 2013/03/04 23:38  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

フリースタイルスキーのダリングについて説明します。

まず、ダリングというのは
スキー板のエッジを意図的に丸める事をいいます。

普通の人でしたら「え?」って思うかもしれません。
スキー板のエッジはスキーの命なんて思われている人も居ます。

しかし回転系のトリックや、ジブアイテムの際に
エッジが極端に引っかかるというのは
ある意味危険だったりするのも注意点なのです。

スキーの種類についてはコチラ

スノボーの人は
板のトップとテールをダリングします。
これは人に当たった時にけがさせない為だったりもします。

もちろんフリースキーヤーも
ノーズの部分とテールの部分はダリングしましょう。

雪の面に当たらない部分ですから
ここにエッジははっきりいって必要ありません。

もちろん
なにかの弾みで人に当たってしまった場合
怪我をさせてしまうかもしれないのでマナーですね。

そして、フリースキー特有の悩み
ジブのさいに邪魔なエッジを落としたいという事。

おおくのフリースキーヤーは
ジブアイテムと干渉し易い部分。

つまりブーツの真下当たりのエッジは
完全にダリングしてしまいます。

これによってレールやボックスと干渉しないので
非常に快適にジブをこなす事ができるでしょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
ジブ用フリースタイルスキーの板のダリングについて フリースタイルスキーのジブトリックについて考える/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/05 15:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジブ用フリースタイルスキーの板のダリングについて フリースタイルスキーのジブトリックについて考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる